安く利用する方法

引越し費用を少しでも安くするには、早めに引越しの日取りを決めることが大切です。申し込みが引越しの直前になると、引越し費用が高くなるシーズンにあたる日で申し込まなければならない可能性もでてきます。

日程たとえば、土日や休日よりも平日の方が、引越し費用を安くすることができます。土日休日に引越しをする人が多いことや、土日休日の方がトラックや人員の手配も難しくなることから、引越しの費用も割高になります。その反面、平日は引越しをする人が少ないため、平日の引越しの方が安くなる傾向があります。

あらかじめ、早めに引越しの予定を決めておくと、引越し費用の安い日程を調節することが可能です。これは夏休みや、春休みのような繁忙期でも同じことがいえます。引越しが多くなる春休みなどの長期休暇は、どうしても引越し費用が高くなってしまいます。

このため、可能であるなら春休みなどの繁忙期を避けた方が、引越し費用も安くなります。また、複数の引越し業者で見積もりを取ることで、引越し費用の比較ができ、費用を安くすることができます。これは、引越し業者間の競争があるためです。最近では、引越し見積もりサイトで一括見積もりもできるので、利用するといいでしょう。

荷物の量で変わる?

引越しの料金は、荷物の量で変わってきます。正確には、荷物を運ぶためのトラックと作業員の人数によって、料金が変わってくるのです。

段ボールやはり大きなトラックを複数台利用すると、それだけ引越し料金に跳ね返ってきます。また作業員の人数が多いと、どうしても引越し料金も高くなってしまいます。そのため、大きなトラックを利用せずに、小さなトラックの利用だけで済むような荷物の量なら、引越し料金も安くなります。
たとえば、引越し業者に運送を頼むのは、冷蔵庫や家具など、大きな荷物だけにするということもできます。衣類や食器など、小さな身の回りの荷物などは、自分たちの車で運んでしまうということです。自分たちでも運べる小さな荷物でしたら、自家用車で運ぶという選択肢があるのです。

ただ、こうした引越しができるのは近距離でないと難しいかもしれません。また、自分たちで荷物の運搬を行う時間の確保も必要となります。細かい荷物を自分たちでダンボールに詰めて、自家用車で運ぶのはたしかに骨が折れます。ただ荷物の数を減らすことで、引越し料金を数万円、安くすることができます。どうしても持っていかなければならない荷物だけを運ぶようにして、不用品は処分するのも、ひとつの方法かもしれません。

相場はどれくらい?

引越し料金の相場は、会社によってもまちまちです。また、荷物の量、移動距離、日取りなどによっても、大きく変わってきます。
おおまかな計算で、家族4人の世帯で、搬出に1日、搬入にも1日かかるような規模の引越しの場合、安くても30万円ほどは必要になってくるのではないでしょうか。引越し会社や運ぶ荷物の量によっては、50万円以上かかることもあります。

また、引越しのシーズンである春休みなどは、引越し料金も高くなってしまいます。これは、トラックや作業員の確保が難しいためです。場合によっては、繁忙期に引越しをするだけで数万円の出費が加算されることもあります。そのため、こうした繁忙期を避けることで、引越し料金を安くすることができます。

段ボールこれにプラスして、引越し業者が荷物の箱詰めまでをしてくれる「引越しパック」などのサービスを利用すると、さらに数万円から10万円ほどの出費が必要になります。小さい子どもがいる家庭や、忙しくて荷造りの時間がない場合には、便利であることは間違いありません。

ただ、注意が必要なのは、荷解きのサービスがセットになっていないこともある場合です。この場合、荷解きにも数万円から10万円ほどの料金が必要になります。

引越しの費用

トラック引越しの費用は、利用する業者や荷物の量、移動距離、日取りなどによって異なります。また、利用するトラックの台数、作業員の人数などによっても、変わるようです。

移動のシーズンである、春休みなどは、引越しも繁忙期にあたります。引越し用のトラックや人員の手配も難しくなるため、引っ越し費用も割高に設定されています。こうしたことから、引越し時期を繁忙期から避けることで、引越し費用は数万円ほど安くなるようです。
また荷造り、荷解きなどをしてくれる、お任せパックなどのサービスを利用すれば、それだけでも数万円から10万円ほどの出費に繋がる可能性があります。

ただ、自分たちで梱包や荷作りをしなくても、引越し業者のスタッフが梱包をしてくれるため、大変便利です。とくに、小さな子供がいる家庭では、梱包作業もなかなかはかどりません。このサービスを利用すれば、引越しの前日まで、普段と変わらない生活を送ることができます。
こうした出費を防ぐのであれば、すべて自分たちで荷造り、荷解きをする選択もできます。空いた時間に、荷造り、荷解きをすればいいのです。これだけでも、数万円の出費を抑えることができます。

また、ダンボールに中身が何かを書き込むペンや、ガムテープなどを、百円ショップなどで補充すれば、梱包代を節約することもできます。さらには、引越し見積もりサイトを利用すれば、複数の業者からの見積もりを依頼することができ、引越し費用の削減にもつながります。

参考:http://www.505555.jp/
引越しの見積もりがネットで簡単にできる「ファミリー引越センター」